aboutus

english

研究内容について

イノベーション(技術的シーズを経済的価値につなげるプロセス)に関する実証研究として、国際的な日本の産業競争力といったマクロな視点から企業内の技術経営のあり方といったミクロな視点まで幅広いテーマについて研究を行っています。社会的ニーズの高い問題を取り上げ、最新のデータや計量分析的アプローチを用いた政策立案や企業経営を行ううえで意義が高い、本格的な実証研究を目指しております。特にIT産業や医薬産業などのハイテク産業にフォーカスし、米国や中国との比較など国際的な視点から研究活動を行っていることが特徴です。具体的な研究テーマとしては以下のとおりです。

研究テーマ

  • 生産性による日本の国際競争力分析
  • ITイノベーションの実証分析(IT産業と利活用)
  • 医薬産業を中心としたバイオイノベーション
  • 研究開発マネジメント、知財戦略、イノベーションシステム
  • 中国・アジアのイノベーションシステム研究
  • イノベーション分析のための基礎研究 (特許DB開発など)

研究内容の紹介

研究室について

東京大学工学系研究科技術経営戦略学専攻の大学院(博士・修士)及び工学部システム創成学科知能システムコース(学部)の学生のほか、協力研究員や外国人研究員で構成されています。外国人比率が高く国際的な雰囲気の下で研究を行っていることが特徴です。実社会における問題意識を抱えて研究している社会人ドクターから学部生までレベルに応じた研究活動をサポートしています。
===> 研究室の紹介ビデオはこちら

   ===> これまでの学位論文のタイトルについてはこちら 

研究室の風景

===> Click here